カード選びで後悔しない!おすすめの法人カードはコレだ!

法人カードを作りたい!けど、沢山種類があってどれがいいのかわからない…。
という経営者の方や個人事業主の方多いと思います。

僕もその1人でした。

僕は、自分が思っていたカードと違った…。やっぱりあっちのカードにすればよかった…。
という後悔は絶対にしたくなかったので、それぞれの法人カードの年会費、特典、ポイントなどの特徴をめちゃくちゃ調べて比較しまくりました!

その結果、自分の会社に合った法人カードと出会うことでき、経費業務がかなり効率的になり今では本当に頼りなる存在で助かってます!

法人カードは絶対に会社の経営に役立つ!という思いから、僕なりにおすすめの法人カードをご紹介したい思います。
それと一緒に、個人カードと法人カードの違いやメリット、デメリット。法人カードを選ぶポイントとも一緒にご紹介させていただきますね!

少しでも、法人カードを選ぶ際の役に立てば幸いです(^^)

法人カードとは?

簡単に説明すると、法人カードとは企業や個人事業主向けに発行されているクレジットカードのこと。

ちょっと簡単すぎるので、もう少し詳しく法人カードと個人カードの違いや、法人カードのメリット、デメリットを僕なりにまとめてみたので法人カードを持つかどうかの参考にしてみて下さい!

法人カードと個人カード4つの違い

法人カードを作る前に、法人カードと個人カードの違いをきちんと理解しておきましょう。

その1.引き落とし口座
個人カードの場合、利用額の引き落としは個人口座ですが、法人カードの場合、利用額の引き落としは法人名義の銀行口座となります。(個人事業主の方は個人名義の口座)

その2.キャッシング枠
法人カードの場合、事業資金に使われてしまうリスクや、会社倒産を視野に入れている為、キャッシングサービスというのは基本『なし』となっています。
しかし、個人事業主の方は個人の延長として見られているので、キャッシングが認められることがあります。

その3.利用限度額
法人カードの場合、経費で使うのがメイン。
毎月の支払いが問題なく遅延なしで続いていれば、限度額を引き上げることが可能です。
しかし、カード会社によっては、個人カードのように限度額が決まっているという場合もあります。

その4.審査
法人カード審査は『法人としての信用情報』と『個人としての信用情報』の両方が審査基準となります。
過去の業績や借り入れ状況など様々な企業情報の他に、経営者個人の返済遅延、返済事故の有無が影響してくるんですね。

法人カードのメリット、デメリット

では、法人カードの具体的なメリットやデメリットを見ていきましょう。

法人カードのメリット

◆経費の手間が減る!
これが1番大きなメリットでしょう。
通常だと、立て替えた分のお金を会社に請求して立替金の精算という形で会計処理をしますが、法人カードがあれば直接法人カードで支払えるので、わざわざ精算をする必要がなくなります。
さらに、各カード(社員に持たせた分)それぞれ別々の明細書が発行されるので、その明細書を元にデータ入力ができ経理業務がかなり効率的になります。

◆キャッシュフローが良くなる!
僕は会社を存続させるにはキャッシュフローは重要だと思っています。
現金で経費精算すると、その経費に必要な小口現金を準備しておく必要がありますよね。
しかし、カード決済ならばそれが不要!
口座から引き落とされるまでに最大90日前後の支払い猶予があるので計画的に使えばキャッシュフローが良くなるのです。
特に、会社を立ち上げて間もない時にはかなり頼りになるはずですよ!

◆付帯サービス
これはカード会社によって様々ですが、かなり嬉しいサービスが付いてきます。
例えば、事務用品を優遇価格で購入できたり、空港ラウンジが無料、海外、国内旅行保険が付いていりします。また、ホテルの予約や航空券などの手配を電話1本で対応してくれたりする付帯サービスもあったりします。秘書みたいですよね。笑

法人カードのデメリット

◆基本的に支払いは一括払い
ほとんどの法人カードは一括支払いのみ!
だったんですが、最近では分割払いが可能の法人カードも増えてきています。
会社を立ち上げて間もない経営者の方にはありがたいですよね。

◆年会費がかかる
残念ながら個人カードと違い、法人カードには年会費永久無料というカードはほとんどないんです。(っあ、ないわけではないのですがサービスがグンと下がります…。)
通常法人カードの年会費は、一般カードであれば数千円、ゴールドカードだと数万円かかってしまうのですが、僕的には経理事務の手間が減るという大きなメリットがあるので問題なしかと思ってます!

◆キャッシングがない
先ほど、法人カードと個人カードの違いでお話しさせていただいた通り、法人カードはキャッシングができません。(個人事業主の方を除く)
キャッシングは無担保ローンの一種と考え、直接お金を貸すキャッシングサービスは使えないようになっているのです。

法人カードを選ぶ3つのポイント

沢山の種類がある法人カード。やっぱり違うカードにすればよかった…。なんて事にならないよう、法人カード選びで失敗しないポイントを3つご紹介していきます。

ポイント1. 年会費無料の法人カードを選ぶ!

先ほど法人カードのデメリットでもお話した通り、法人カードには年会費がかかってしまいます。
中小企業や、会社を立ち上げてまだ間もない企業の場合は、年会費の金額が負担にならないよう、なるべく年会費の安い法人カードを選ぶのがポイントです!

年会費永久無料の法人カードもごくわずかですが存在します。しかし、ポイントや保険がないなどのサービスは充実していないので初年度年会費無料の法人カードを選ぶことをおすすめします!
2年目からは数千円の年会費がかかってきますが、加入時のキャンペーン、入会後に年会費の数倍ものポイント付与、そして特典、サービスは年会費永久無料の法人カードを比較するとかなり充実しています。

参考:502-806-2571

◆初年度年会費無料の法人カードを選ぶならコレ!
incrustant

ポイント2. ポイント、特典を重視して法人カードを選ぶ!

個人カードとは違い、経費で利用する法人カードの利用額は簡単に数百万になっていきます。
そこでポイント還元率も比較対象に入れておくと良いでしょう。
個人カードほどのポイント還元率はないのですが、ポイントが付与されるものも少なくないのでチェックしておくといいでしょう。

また、出張が多いのであれば海外、国内旅行保険、空港ラウンジなどのサービス、ホテルやレンタカーの手配など、出張に役立つ機能が充実している法人カードがおすすめです。
また、法人カードの中には社員向けの福利厚生サービスに優待価格で入れたり、今後の会社経営に役立つサービスが充実しているカードも沢山あります。
会社が少人数である場合、ビジネスサービスが充実している法人カードを比較して選んでいくのもいいかもしれませんね。

◆ポイント、特典を重視して法人カードを選ぶならコレ!
(639) 207-4891

ポイント3. ステータス性の高い法人カードを選ぶ!

会社の経営者ともなれば、他の会社の方との交流、取引先の接待などが多いはず。
接待費も経費なので、当然法人カードをお披露目する機会も増えてきますよね!
会計時に出てきたカードが一般カードだった場合「っえ?この会社大丈夫なの?」と取引先の印象を変えてしまう可能性も考えられるのです…。
仕事柄、付き合いが盛んである経営者の方であれば、年会費を少し多く払ってでもステータス性の高い法人カードを選んでおくというのも重要だと言えます。
僕なんて特に、見た目が会社を経営している!という感じではないので結構重視したポイントでもあります。(よほどの事がない限りスーツとか着ないですし。笑)

◆ステータス性の高い法人カードを選ぶならコレ!
プラチナカードでステイタスが高い!
『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』

では、これら3つのポイントを元に総合評価したおすすめの法人カードランキングを紹介していきます!

選ぶならコレ!おすすめ法人カードランキング

1位 JCB法人カード(一般カード)

  • 初年度年会費無料!2年目以降も1,250円と激安!
  • 法人ETCカードも年会費無料!複数枚発行可能!
  • ポイント還元率0.5%で法人カードの中ではトップクラス!
カード会社 / JCB
初年度年会費 / 無料
年会費 2年目以降 / 1,250円(税別)
利用可能枠(総枠) / 公式サイト参照
追加カード発行制限数 / 複数枚
追加カード初年度年会費 / 無料
追加カード 2年目以降年会費 / 1,250円(税別)
ETCカード発行制限数 / 複数枚
ETCカード初年度年会費 / 無料
ETCカード2年目以降年会費 / 無料
ポイント還元率 / 0.5%

キャンペーン情報!
◆初年度年会費無料
◆期間限定入会で最大7,000円分プレゼント(2019年3月31日まで)

JCB法人カードは、初年度年会費無料でありながら、2年目以降も1,250円とお得!
さらに法人ETCカードも無料で複数枚発行できるため、かなりコストパフォーマンスの高い法人カードです。
また、ポイントも利用額の0.5%から還元され、JCB運営のオンラインモール『OkiDokiランド』利用で貯まったポイントを利用できるので経費削減にも役立てることもできるんですね。
JCB法人カードは信頼性、サービス、低年会費と三拍子揃った優秀な方針カードと言えるでしょう。

2位 EX Gold for Biz

  • 初年度年会費無料の個人事業主用法人カード!
  • 法人用のカードでリボ・分割払いが可能!
  • キャッシング最高100万円まで可能!
カード会社 /  オリエントコーポレーション
初年度年会費 / 無料
年会費 2年目以降 / 2,000円(税別)
利用可能枠(総枠) / 10万~300万円
追加カード発行制限数 / ‐
追加カード初年度年会費 / ‐
追加カード 2年目以降年会費 / ‐
ETCカード発行制限数 / 無制限
ETCカード初年度年会費 / 無料
ETCカード2年目以降年会費 / 無料
ポイント還元率 / 0.6%

キャンペーン情報!
◆初年度年会費無料
◆期間限定入会で最大6,500円分のポイント(会員登録日の翌々月末まで)

EX Gold for Bizは、オリコが発行している個人事業主専用の法人カード。
年会費の負担も少なく、法人ETCカードの年会費も無料である為、個人事業主の方でも気軽に持てる法人カードとしておすすめです。
また、VISAのビジネス優待、ゴールドカード優待が付帯、そして海外、国内旅行保険、ショッピング保険も付帯!ポイントもどんどん貯まるので、コストパフォーマンスに優れた法人カード!
そして最大のポイントは、最高100万円までの事業資金の借入ができるということ。融資などが受けにくい個人事業主の方にとっては嬉しいですよね!

3位 三井住友ビジネスカード(クラシック)
Radiolitidae

  • 三井住友VISAカードのプロパーカード!
  • 年会費が1,250円とかなり格安!
  • 福利厚生サービスの優待利用が可能である!
カード会社 / 三井住友カード
初年度年会費 / 1,250円(税別)
年会費 2年目以降 / 1,250円(税別)
限度額 / 20万~100万円
追加カード発行制限数 / 20枚
追加カード初年度年会費 / 400円
追加カード 2年目以降年会費 / 400円
ETCカード発行制限数 / 無制限
ETCカード初年度年会費 / 無料
ETCカード2年目以降年会費 / 500円(税別) 年1回利用で無料
ポイント還元率 / 0.5%

キャンペーン情報!
◆期間限定で最大3,000円分のギフトカードをプレゼント
(2018年9月29日~2019年3月29日申し込み分まで)

三井住友ビジネスカード(クラシック)は法人経営者向けの三井住友VISAカードとして、かなり知名度の高い法人カードです。
年会費も1,250円と格安でありながら、VisaビジネスオファーとVisaビジネスグルメオファーが付帯され、福利厚生サービスも含めて、ビジネス消耗品、出張などのビジネス利用時の優待や人気レストランの優待が受けられる優れた法人カード!
三井住友VISAカードのプロパーカードなので、信頼性も、セキュリティ面も非常に高く安心して利用できるのも魅力の1つ。
ポイントよりも便利に使える優待を重視する経営者の方や社員への福利厚生サービスの導入考えている経営者の方におすすめです。

4位 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

  • アメックスブランドのプラチナカードのステータス性!
  • 限度額が大きめに設定できる!
  • コンシェルジュデスクと数多くの優待サービスがある!
カード会社 /  クレディセゾン
初年度年会費 / 20,000円
年会費 2年目以降 / 20,000円
限度額 / 制限なし
追加カード発行制限数 / 4枚
追加カード初年度年会費 / 3,000円
追加カード 2年目以降年会費 / 3,000円
ETCカード発行制限数 / 4枚
ETCカード初年度年会費 / 無料
ETCカード2年目以降年会費 / 無料
ポイント還元率 / 0.5%

キャンペーン情報!
◆利用金額200万円以上で次年度の年会費10,000円
◆期間限定で 永久不滅ポイント1,000ポイント
(2017年4月28日~2017年5月31日の申し込み分まで)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、クレディセゾンが発行している法人カード。年会費が20,000円と高めですが、プラチナカードスペックでコンシェルジュデスクと数多くの優待サービスがあるステータス性が高いのが特徴です。
接待や営業的など仕事が多い経営者の方はもちろん、対外的な信用や信頼性を重視する方にはもってこいの法人カードといえるでしょう。

 

5位 ライフカードビジネス(スタンダード)

  • 年会費永久無料!
  • 法人ETCカードも年会費無料で枚数無制限!
  • ショッピング限度額が最大500万円!
カード会社 /  ライフカード
初年度年会費 / 無料
年会費 2年目以降 / 無料
限度額 / 10万~500万円
追加カード発行制限数 / 無制限
追加カード初年度年会費 / 無料
追加カード 2年目以降年会費 / 無料
ETCカード発行制限数 / 無制限
ETCカード初年度年会費 / 無料
ETCカード2年目以降年会費 / 無料
ポイント還元率 / 0%
ライフカードビジネス(スタンダード)はライフカード株式会社発行している法人カード。
年会費が永年無料であるのが最大の特徴!コストを最小限に抑えたい経営者の方や個人事業主の方に人気がある法人カードです。
ポイントは貯まらないものの、法人ETCカードの年会費無料であり枚数無制限で発行でき、利用限度額が最大500万円と高いので、毎月の経費支出が多い経営者や個人事業主にはおすすめですね。

6位 オリコビジネスカードGold

419-420-2715

  • 限度額設定が最大1000万円!
  • ビジネスサポートサービス、空港関連サービスが充実!
  • 追加カードは最大20名まで発行可能!
カード会社 / オリエントコーポレーション
初年度年会費 / 無料
年会費 2年目以降 / 2,000円(税別)
利用可能枠(総枠) / 10万~1,000万円
追加カード発行制限数 / 20枚
追加カード初年度年会費 / 無料
追加カード 2年目以降年会費 / 2,000円(税別)
ETCカード発行制限数 / 20枚
ETCカード初年度年会費 / 無料
ETCカード2年目以降年会費 / 無料
ポイント還元率 / 0%

キャンペーン情報!
◆初年度年会費無料

オリコビジネスカードGoldは、オリコが発行している法人経営者向けの法人カード。キャンペーン期間中であれば初年度年会費無料で2年目以降2,000円と年間費に関しては比較的安い法人カードです。
残念ながらポイントが貯まらないのですが、限度額が最高1000万円!そして追加カードは最大20名まで発行可能なので社員が10名を超える中小企業の経営者におすすめの法人カードですね。
また、ビジネスサポートサービスや空港関連サービスがかなり充実しているので、ポイントよりもビジネスサポートサービスを重視する方におすすめの法人カードです。

7位 ビジネクスト法人クレジットカード
pitpan

  • 年会費永年無料!
  • 年会費永久無料なのにポイントが貯まる!
  • 起業直後、赤字でも発行可能!
カード会社 /  ビジネクスト
初年度年会費 / 無料
年会費 2年目以降 / 無料
限度額 / 5万~300万円
追加カード発行制限数 / 50枚
追加カード初年度年会費 / 無料
追加カード 2年目以降年会費 / 無料
ETCカード発行制限数 / 50枚
ETCカード初年度年会費 / 無料
ETCカード2年目以降年会費 / 無料
ポイント還元率 / 0.25%
ビジネクスト法人クレジットカードは、法人向けのローンサービスを提供しているアイフル株式会社の子消費者金融の法人カードなので、ステータス性には欠けますが、起業直後、会社設立直後の方や赤字決算のでも発行可能という審査の甘い法人カードになっています。
そして、年会費永年無料でありながら、ポイントも貯まるという点は大きなメリットと言えるでしょう!

8位 UC法人カード(一般カード)

  • 永久不滅ポイントが貯まる!
  • UCタクシーチケットが使える!
  • ポイント還元率0.5%
カード会社 /  ユーシーカード
初年度年会費 / 1,250円(税別)
年会費 2年目以降 / 1,250円(税別)
限度額 / 20万~300万円
追加カード発行制限数 / 無制限
追加カード初年度年会費 / 1,250円(税別)
追加カード 2年目以降年会費 /  1,250円(税別)
ETCカード発行制限数 / 99枚
ETCカード初年度年会費 / 無料
ETCカード2年目以降年会費 / 無料
ポイント還元率 / 0.5%
UC法人カード(一般カード)はユーシーカード株式会社が発行している法人カード。
貯まったポイントは永久不滅ですが、還元率は0.5%。年会費無料というわけでもなく、かといって年会費も1,250円と法人カードとしては一般的な水準なんですが、法人ETCカードは最大99枚まで無料発行できるので、法人ETCカード目的で法人ETCカードを発行したい方にはおすすめです!
また、他の法人カードの審査に落ちてしまったという経営者の方にもいいかもしれませんね。

法人カードはきちんと比較し慎重に選びましょう!

沢山ある法人カードの中から、自分の会社に合ったものを選ぶには、きちんとカードの内容を理解し比較していくことが重要です。

選ぶポイントは3つ!
ポイント1. 年会費無料の法人カードを選ぶ!
ポイント2. ポイント、特典を重視して法人カードを選ぶ!
ポイント3. ステータス性の高い法人カードを選ぶ!

この3つのポイントを基準にそれぞれのカード特徴を理解し、きちんと比較していきましょう。

法人カードは上手に使えばメリットが多く、会社経理においてとても貴重なアイテムとなること間違いなく、持つ価値は十分あると言えます。

自分の会社にきちんと合った法人カードを見つけ、めんどくさい経理事務を減らしましょう!

投稿日:

Copyright© 絶対失敗しない!法人クレジットカードの選び方 , 2018 AllRights Reserved.

747-260-1868