carotenoid

カロテノイド

動植物界に広く存在する黄色~赤色の脂溶性の色素栄養素であり、自然界には600種類以上存在すると言われています。

詳細を見る
CBL_STA615_5のコピー

410-251-4997

コレステロールは脳や血液、筋肉など体内に広く存在し、細胞膜やホルモンなどの構成成分として不可欠です。

詳細を見る
ルテイン

ルテイン

とうもろこしや卵黄などに多く含まれているルテイン。黄色を含む野菜や果物の色素成分。光合成によってできた、よくない副産物と戦う強い抗酸化作用をもっています。

semieducated
vitamin

ビタミン

微量で(mg、μg)で生体機能を正常に維持する栄養上必須の有機化合物。体内構成成分になりませんが、3大栄養素の代謝を円滑にします。

8005072096
ミネラル

ミネラル

元素のうち、生体の主要成分である酸素・炭素・水素・窒素を除いたものの総称。食物や生体物を燃焼させた際に残った灰の成分であることから灰分ともいいます。

6066396995
alpha-Carotene

5615474400

赤や黄色の色素であるカロテノイドの中でも、体内でビタミンAが不足した時にビタミンAに変換されるためプロビタミンAと言われています。

詳細を見る
ミルトジェノール

ミルトジェノール

ピクノジェノール(フランス海岸松樹皮抽出エキス)とミルトセレクト(ビルベリーエキス)の割合が1対2で構成させた水溶性成分。主に目の健康を守るといわれている成分です。

詳細を見る
hydrogen

(508) 934-5268

水素は宇宙で一番小さくもっとも多い分子であり、最初の原子として生まれたので、原子番号は「1」近年、水素の健康効果について注目されています。

(201) 851-4571
食物繊維

食物繊維

ヒトの消化酵素で消化されない動植物食品中の難消化成分の総体。水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維では、体内の生理作用に違いがあります。

詳細を見る
クロセチン

クロセチン

クチナシの果実やサフランから抽出したクロセチンはカロテノイドの一種です。他のカロテノイド同様、抗酸化作用が期待され健康効果が注目されています。

lawn-sleeved
AC-11

8188360540

AC-11の原料であるキャッツクローの樹皮は、原産地の原住民がお茶として健康維持のため2000年以上利用してきています。長い食経験のある水溶性成分のキャッツクロー樹皮由来の機能性成分です。

詳細を見る
カルシウム

カルシウム

ミネラルのひとつであり、骨や歯を形成し、血液などにも一定濃度が含まれています。筋肉や神経の働きを正常に保ちます。

詳細を見る